くのいちれでぃーの忍法雑記帳

たぶん忍術に関することはほぼ書きません。

B’zライブ「Whole Lotta NEW LOVE」に行ってきた!@高崎アリーナ

B’zのライブ行った!

f:id:kunoichilady:20190829123555j:plain

アルバムツアーなのにアルバム聴いてないから知らない曲が半分以上あった。それでも結構いいなって思って、つまり私はB’zサウンドそのものやひいてはロックというものが好きなんだなということに改めて気付かされた夜だった。
 
高崎アリーナというところにプチ遠征したんだけどこれが最高。会場せっま!後ろの方の席でも日産スタジアム幕張メッセのそこそこ前の方と同じ見え具合なんじゃないかってくらい。規制退場もないしね。

f:id:kunoichilady:20190829123612j:plain

 
私もアリーナの真ん中より後ろのブロックながら余裕で肉眼。いかにも本当に市民の皆さんがいつもはスポーツ楽しんでるような施設なんだろなって分かる表示がそこかしこにあって親しみやすいのもいい。しれっとB’zが入り込んでる。

f:id:kunoichilady:20190829123638j:plain

 
 
その隣にはウズベキスタンの広告。

f:id:kunoichilady:20190829124032j:plain

Perfumeみたいな看板もある。

f:id:kunoichilady:20190829124124j:plain

 
余談ですが床の表示もかわいい。

f:id:kunoichilady:20190829123759j:plain

 
そんな市民いこいの場で開催されているせいかとってもアットホームな雰囲気。トークもゆるい感じ。
 
バンドメンバーのプレイもしっかり全員見えるのが良かった。大きい会場だとどこに居るんだってなったりあるからこういう狭いステージの良さだよね。当然のことなんだけど本当にこのメンバーで音出して奏でてますよっていうのがよく分かる。
 
昨年のHINOTORIも最高だったしああいう大きい会場でスケール大きな演出ばんばんやるのもかっこいいけどこういうこぢんまりステージもいい。ライブハウス高崎アリーナへようこそみたいな。

f:id:kunoichilady:20190829123727j:plain

高崎って遠いと思いながらも迷わず行くって言ったのは大正解でした。しかも29年ぶりの高崎開催らしいよ。それ聞いたら肉食べたくなった(関係ない)。

f:id:kunoichilady:20190829123832j:plain

めっちゃ歓迎してくれるね。
 
 
 
ここからはセトリなのでネタバレ注意なんだぜ。
 
自業自得の歌。
 
冷凍保存の歌。結構好き。
 
今夜月の見える丘に。元から好き度まあまあながら知ってるので良かった感。
 
有頂天の歌。
 
ウルトラソウル。汗かいた。やっぱり会場のボルテージ上がるやつ。
 
ここからはアルバム曲。
 
恋のカスが残ってる歌。
 
明日明後日10年後の歌。結構好き。ライト赤黄オレンジできれい。
 
お前は調子に乗りやすいから気を付けろの歌。雨の演出。
 
女性のベースのソロ。すごいなー。かっこいい。
 
好きだから嫌いの歌。サイケな画面とスモーク合うな。結構好き。
 
メンバー紹介。ひとりひとりについてそこそこ詳細で良い。
 
ゆるい雰囲気になったのでゆるいままいきますって言ってた。良いと思います。ファン層そんな若くないしね。
 
マジェスティの歌。
 
裸足の女神。リミックスみたいのから入って普通のやつ。ななななーを合唱。ジョイマンではない。最後のバンド全員のゴスペルみたいのいいな。
 
その次の曲も同じ様なテイストなのでその頃のかなと思ったら歌い出す直前に「新しい曲をやります」って言うからまじかと思った。当時のB’z感すごいぞ。君とならなんとか。
 
MC。
今日の裸足の女神のななななーは走ることもなくテンポ良かったそうです。小さい会場のなせるワザ。
 
誰のせいにもしないみたいな曲。かっこいい。
 
キーボードのソロいいなー。
からのイチブトゼンブ。イントロで分かってなんか良かった。
 
愛しい人よみたいな。聴いたことあるくらいだけどロック好きだなって改めて思う曲。
 
ドラムソロ。だしだしかっこいい。
スティック投げまくったり水しぶき上げたり。
 
神様オールライト。
ロックだなー。
 
昨年のHINOTORIを経て今年からは新しい音楽の旅らしい。一緒に旅してくれてありがとうみたいな。
 
ここで新撰組みたいな旗が落ちてくる。ここは日野市か。
 
ゴールはここじゃない歌。知ってるけどタイトル分からない。
 
ここで本編は終了。アンコール待ちの間ずっと全員きれいに席に着いてるのうける。
 
ここからアンコール。
 
juice!キター!イントロ聞こえてきた瞬間にうおおおおおってなった。周りの人がそうでもないから頭振りづらかったけど多少やれたの嬉しい。
 
からのさまよえる蒼い弾丸。めっちゃ私のツボ押してくるやん!めっちゃ大声で一緒に歌うわそりゃ。

f:id:kunoichilady:20190829124002j:plain



いやー最高でした。厳密に言うと至近距離で見られていつもより親しみやすい感じのトーク聞けてかなり親近感すら覚えられる感じの空間に居られたのはすごく嬉しくて、とはいえ本編は知らない曲も多かったので結構良かったなって感じだったんだけど、アンコールを経てリアル最高になりました。本当に見られて良かったなー。
 
ちなみに私のせいで入場が遅れてしまったので序盤の何曲かは聴けてない。でも多分アルバムの曲とか最近の曲だろうと思うのでまあ。ZEROとかReal Thing Shakesだったら泣くけどありえんやろ(笑)。
 
帰り際に見た夜のアリーナはきれいだった。

f:id:kunoichilady:20190829124223j:plain

 
そこからの駅方面。工場夜景みたいで萌える。

f:id:kunoichilady:20190829124243j:plain

何しろ高崎の勝利。幕張メッセ行くのもそこそこ時間かかること考えたらこれくらいぴゅっと行っちゃった方が早いもん。
 
ありがとう高崎\(^o^)/

f:id:kunoichilady:20190829124318j:plain

絶品お寿司とこじんまり空間が心地好いビブグルマン選出店/じゅうぞう@阿佐ヶ谷(寿司)

初のじゅうぞうさん

f:id:kunoichilady:20190725154518j:plain

気になっていたので機会に恵まれて嬉しいです。この為に早退した。
メニューがとってもシンプル。

f:id:kunoichilady:20190725133049j:plain

中はめっちゃ一体感のあるこじんまりとした造りがいいなー。
カウンターに手を入れないとか顔は撮影禁止とかルール言われるとちょっと緊張する。
 
ドリンクが炭酸水と焼酎と日本酒のみということでいきなり日本酒からいかざるを得ない。

f:id:kunoichilady:20190725154718j:plain

 

おちょこを選びます。

f:id:kunoichilady:20190725132756j:plain

 
いつもこういう一番普通のやつを選んでしまうタイプ。

f:id:kunoichilady:20190725132846j:plain

 
まずは栗駒山酒米ササニシキということで珍しいのでチョイス。ガンガンいけるな。
 
5種類全ての日本酒を頂きましたが結果的にこれが一番好きでしたね。
 
箸置きかわいい。金魚って夏祭りっぽくてこの季節に嬉しい。お箸が濡れてる。こんなの初めてだなー。

f:id:kunoichilady:20190725132820j:plain



まずはツルムラサキ。エソのいりこの出汁だって。聞いたことない。
関西の方が一般的って言ってたっけ。ちくわとかに使うらしい。
頭も腹も使ってるって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132826j:plain

ツルムラサキ効果でちょっと泥の匂いする。体に良さそうで上がるわ。
 
うまー。出汁がさっぱりしてて美味しい。かつおともあごとも違うのよね。
のりとめかぶのにこごりみたいのも美味しい。
 
これは日本酒だわね。上喜元いく。とっつきやすい味だけど後味がかなり苦い。
 
 
メバルの握り。
身がしっかりしてて美味しい。
ここのお店はわさびが分かりやすくきいてるんだね。

f:id:kunoichilady:20190725132833j:plain

 
マグロの握り。
近海の本鮪の酸味とインドの脂とのコントラストを楽しむ。
うまー。酸味かなりだな。
ボリューム感あって食べ応えあるのが嬉しい。

f:id:kunoichilady:20190725132632j:plain

 
塩と醤油のらっきょう。古漬けを入れて一ヶ月以上置くんだって。友人が自分でも作ろうかなって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132839j:plain

 
最初くさいけど食べられるわ。普段は好きじゃないのに。甘くないからだな。後半は普通に美味しいと思いながら食べられた。
 
乳酸発酵だから塩分の取りすぎにならないとのことでやはり発酵は神の手法である。
 
ブランド塩とか色々あるけどこういうのに使うには普通の食塩が一番いいんだって。はっきり塩分濃度付けられるし。お酢も高ければいいとかではなくて普段使ってるので十分だとか。
 
 
貝出汁の玉子焼き。ほたてとあと2種類使ってるって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132741j:plain

この出汁飲み続けられるな。めっちゃ美味しい。ちょっと焦げてるとこもええねん。卵の味の優しさったら。
 
 
切り絵の日本酒いく。しげまさだっけ?
現代の杜氏さんがたまたま銭湯で30年前の杜氏さんに聞いてそのレシピで作ったものらしい。ストーリーが良い。
 
 
あゆとピーマン。昔ならあゆと聞いたらェアリーナーってやるけど現代はみんなの脳から消え去ってるだろうから何だコイツになる可能性高いので控える。

f:id:kunoichilady:20190725132853j:plain

へーピーマン美味しい。後から苦味くる大人な感じが良い。人生で最もピーマンを美味しいと思ったかも。
 
あゆも美味しいなー。少量でも濃厚。酒のアテになる為に生まれて来たようなものよ。ごはんに合わせたいって言ってた人も居たけど私は日本酒以外に考えられない。炭酸で炊いた後にどうとか言っていたが残念ながら覚えておりません。
 
 
トマトみずみずしいー。
甘みすごいな。

f:id:kunoichilady:20190725132900j:plain



巻物を準備している時に、すまきでもすのこでもなくまきすって話をした。
 
いわしまき。
うめええ∑(゚Д゚)
脂美味しいしそもそもの味も最高にいい。

f:id:kunoichilady:20190725132907j:plain



酒だーっ。
 
からのガリがさっぱり美味しい。普段あんまり食べないけどここのはいいな。

f:id:kunoichilady:20190725132913j:plain

 
 
かつおハム。何それ初めて聞いた。

f:id:kunoichilady:20190725132923j:plain

塩強めにして乾かして胡椒振るとか。全然臭くないね。でももう一週間前のものらしいよ。
 
パンに挟みたい。
サバサンドみたいにしたら美味しいだろな。これに関してはちょっとワインも嗜みたくなる。
 
 
そしてなんじゃこりゃあああ∑(゚Д゚)

f:id:kunoichilady:20190725132934j:plain

きもめし。
 
やば。何これ。初めて食べたわ。美味しいしおこげのはざわりいいなぁ。
 
かみしめるぜ。
すっぱみから味が出てくる 。
 
酒やー。
 
じっくり味わっていると全部食べないで下さいと言われる。そしてそこにざらっと乗せられるうに。既に食べ終わっちゃってる人はうにだけ食べてました。

f:id:kunoichilady:20190725132749j:plain

やばい。うにの甘みときもめしの酸味でまたしてもうまい。
また酒かよ/(^o^)\
 
 
土佐金造をやりながらイシカゲガイ。初めて聞いた。イシガキガイという名前で流通してるらしい。つぶがいみたいって言ってたけど貝リテラシー激低だから分からない。さくっと切れるけど柔らかかった。

f:id:kunoichilady:20190725132734j:plain

 
 
あわび。
日本酒ひとくちやってから食べて下さいだって。
もう本当に大人の遊びやな。日本酒飲めて良かったよ。やわらかーい。

f:id:kunoichilady:20190725132943j:plain

こういう愉しみ方が出来るのって日本だけなんだってさー。焼酎だと味を流しちゃうから。
 
定番の菊酔も頂きます。
 
からの小樽のムラサキウニ
あーうまい。
くさくないしなー。
とろけるわ。

f:id:kunoichilady:20190725154113j:plain

普段そこまでウニジャンキーでもないのにもう最低でも5カンは食べたい。

 
焼いてるいい匂いするーと思ったら穴子

f:id:kunoichilady:20190725133004j:plain

うっわうま∑(゚Д゚)
さっぱりなんだけど味わい深くて美味しい。
 
 
コースはここまで。
これからアラカルトってことで全員がまだ出てない全種類を注文。
 
 
シンコ。馴染みなし。コハダの子供で江戸前寿司の特徴だとか。好んで食べるのは東京だけらしい。

f:id:kunoichilady:20190725133033j:plain

タイやヒラメは位の高い人しかべられなくて、赤身や光り物はすぐ悪くなるから庶民のものだった。当時の江戸は8割が出稼ぎに来てる独身男性だったから、そういう人も食べられる寿司として開発された。シンコはそのまま食べられないけど安いから酢でしめるって方法が出来た。それが江戸前として定着したとか。こういう話めっちゃ好き。そして普通にうまいなー。
 
 
ヒラメ。
えーやわらかくてうま。

f:id:kunoichilady:20190725133012j:plain

 
 
アオリイカ。切る音の臨場感がカウンターの楽しいところ。
えー柔らかい。ちょいにがだけどゴマがいいな。でも個人的にはちょっと酢が立ち過ぎてるような感じがありますね。

f:id:kunoichilady:20190725133027j:plain

 
 
赤身。
えーうま。柔らかくて美味しい。
赤身って普段あんまり食べないけどこれは好き。
ミナミマグロだそうです。

f:id:kunoichilady:20190725133019j:plain

 
 
締めは甘海老の出汁。
うまいとしか言いようがないがね。

f:id:kunoichilady:20190725133041j:plain

 
 
あー美味しかった。そしてあっという間だった。
 
そこそこ飲んで約15000円くらいだった。先日ちょっとヤバい酔い方して警戒してたので多少割り勘負けしてたかな(笑)。でもソフトドリンクの人とそこまで値段変わらなかったのはかなりのお得感。
 
でももっと食べたいくらいだわーってかまだ全然お腹いっぱいになってなかった。20000円分くらい追加注文したい。
 
そんな感じなものだから、美味しかったけど物足りないしもういいかなとか当時は思ったけど改めて振り返るともう食べたくて仕方ないし早くもまた行きたいと思わされている。常連さん多いのも納得よね。
 
本当に行けて良かったです。

f:id:kunoichilady:20190725133058j:plain

絶品お寿司とこじんまり空間が心地好いじゅうぞう@阿佐ヶ谷(寿司)

初のじゅうぞうさん

f:id:kunoichilady:20190725154518j:plain

気になっていたので機会に恵まれて嬉しいです。この為に早退した。
メニューがとってもシンプル。

f:id:kunoichilady:20190725133049j:plain

中はめっちゃ一体感のあるこじんまりとした造りがいいなー。
カウンターに手を入れないとか顔は撮影禁止とかルール言われるとちょっと緊張する。
 
ドリンクが炭酸水と焼酎と日本酒のみということでいきなり日本酒からいかざるを得ない。

f:id:kunoichilady:20190725154718j:plain

 

おちょこを選びます。

f:id:kunoichilady:20190725132756j:plain

 
いつもこういう一番普通のやつを選んでしまうタイプ。

f:id:kunoichilady:20190725132846j:plain

 
まずは栗駒山酒米ササニシキということで珍しいのでチョイス。ガンガンいけるな。
 
5種類全ての日本酒を頂きましたが結果的にこれが一番好きでしたね。
 
箸置きかわいい。金魚って夏祭りっぽくてこの季節に嬉しい。お箸が濡れてる。こんなの初めてだなー。

f:id:kunoichilady:20190725132820j:plain



まずはツルムラサキ。エソのいりこの出汁だって。聞いたことない。
関西の方が一般的って言ってたっけ。ちくわとかに使うらしい。
頭も腹も使ってるって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132826j:plain


ツルムラサキ効果でちょっと泥の匂いする。体に良さそうで上がるわ。
 
うまー。出汁がさっぱりしてて美味しい。かつおともあごとも違うのよね。
のりとめかぶのにこごりみたいのも美味しい。
 
これは日本酒だわね。上喜元いく。とっつきやすい味だけど後味がかなり苦い。
 
 
メバルの握り。
身がしっかりしてて美味しい。
ここのお店はわさびが分かりやすくきいてるんだね。

f:id:kunoichilady:20190725132833j:plain

 
マグロの握り。
近海の本鮪の酸味とインドの脂とのコントラストを楽しむ。
うまー。酸味かなりだな。
ボリューム感あって食べ応えあるのが嬉しい。

f:id:kunoichilady:20190725132632j:plain

 
塩と醤油のらっきょう。古漬けを入れて一ヶ月以上置くんだって。友人が自分でも作ろうかなって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132839j:plain

 
最初くさいけど食べられるわ。普段は好きじゃないのに。甘くないからだな。後半は普通に美味しいと思いながら食べられた。
 
乳酸発酵だから塩分の取りすぎにならないとのことでやはり発酵は神の手法である。
 
ブランド塩とか色々あるけどこういうのに使うには普通の食塩が一番いいんだって。はっきり塩分濃度付けられるし。お酢も高ければいいとかではなくて普段使ってるので十分だとか。
 
 
貝出汁の玉子焼き。ほたてとあと2種類使ってるって言ってた。

f:id:kunoichilady:20190725132741j:plain


この出汁飲み続けられるな。めっちゃ美味しい。ちょっと焦げてるとこもええねん。卵の味の優しさったら。
 
 
切り絵の日本酒いく。しげまさだっけ?
現代の杜氏さんがたまたま銭湯で30年前の杜氏さんに聞いてそのレシピで作ったものらしい。ストーリーが良い。
 
 
あゆとピーマン。昔ならあゆと聞いたらェアリーナーってやるけど現代はみんなの脳から消え去ってるだろうから何だコイツになる可能性高いので控える。

f:id:kunoichilady:20190725132853j:plain


へーピーマン美味しい。後から苦味くる大人な感じが良い。人生で最もピーマンを美味しいと思ったかも。
 
あゆも美味しいなー。少量でも濃厚。酒のアテになる為に生まれて来たようなものよ。ごはんに合わせたいって言ってた人も居たけど私は日本酒以外に考えられない。炭酸で炊いた後にどうとか言っていたが残念ながら覚えておりません。
 
 
トマトみずみずしいー。
甘みすごいな。

f:id:kunoichilady:20190725132900j:plain



巻物を準備している時に、すまきでもすのこでもなくまきすって話をした。
 
いわしまき。
うめええ∑(゚Д゚)
脂美味しいしそもそもの味も最高にいい。

f:id:kunoichilady:20190725132907j:plain



酒だーっ。
 
からのガリがさっぱり美味しい。普段あんまり食べないけどここのはいいな。

f:id:kunoichilady:20190725132913j:plain

 
 
かつおハム。何それ初めて聞いた。

f:id:kunoichilady:20190725132923j:plain

塩強めにして乾かして胡椒振るとか。全然臭くないね。でももう一週間前のものらしいよ。
 
パンに挟みたい。
サバサンドみたいにしたら美味しいだろな。これに関してはちょっとワインも嗜みたくなる。
 
 
そしてなんじゃこりゃあああ∑(゚Д゚)

f:id:kunoichilady:20190725132934j:plain

きもめし。
 
やば。何これ。初めて食べたわ。美味しいしおこげのはざわりいいなぁ。
 
かみしめるぜ。
すっぱみから味が出てくる 。
 
酒やー。
 
じっくり味わっていると全部食べないで下さいと言われる。そしてそこにざらっと乗せられるうに。既に食べ終わっちゃってる人はうにだけ食べてました。

f:id:kunoichilady:20190725132749j:plain

やばい。うにの甘みときもめしの酸味でまたしてもうまい。
また酒かよ/(^o^)\
 
 
土佐金造をやりながらイシカゲガイ。初めて聞いた。イシガキガイという名前で流通してるらしい。つぶがいみたいって言ってたけど貝リテラシー激低だから分からない。さくっと切れるけど柔らかかった。

f:id:kunoichilady:20190725132734j:plain

 
 
あわび。
日本酒ひとくちやってから食べて下さいだって。
もう本当に大人の遊びやな。日本酒飲めて良かったよ。やわらかーい。

f:id:kunoichilady:20190725132943j:plain

こういう愉しみ方が出来るのって日本だけなんだってさー。焼酎だと味を流しちゃうから。
 
定番の菊酔も頂きます。
 
からの小樽のムラサキウニ
あーうまい。
くさくないしなー。
とろけるわ。

f:id:kunoichilady:20190725154113j:plain

普段そこまでウニジャンキーでもないのにもう最低でも5カンは食べたい。

 
焼いてるいい匂いするーと思ったら穴子

f:id:kunoichilady:20190725133004j:plain

うっわうま∑(゚Д゚)
さっぱりなんだけど味わい深くて美味しい。
 
 
コースはここまで。
これからアラカルトってことで全員がまだ出てない全種類を注文。
 
 
シンコ。馴染みなし。コハダの子供で江戸前寿司の特徴だとか。好んで食べるのは東京だけらしい。

f:id:kunoichilady:20190725133033j:plain

タイやヒラメは位の高い人しかべられなくて、赤身や光り物はすぐ悪くなるから庶民のものだった。当時の江戸は8割が出稼ぎに来てる独身男性だったから、そういう人も食べられる寿司として開発された。シンコはそのまま食べられないけど安いから酢でしめるって方法が出来た。それが江戸前として定着したとか。こういう話めっちゃ好き。そして普通にうまいなー。
 
 
ヒラメ。
えーやわらかくてうま。

f:id:kunoichilady:20190725133012j:plain

 
 
アオリイカ。切る音の臨場感がカウンターの楽しいところ。
えー柔らかい。ちょいにがだけどゴマがいいな。でも個人的にはちょっと酢が立ち過ぎてるような感じがありますね。

f:id:kunoichilady:20190725133027j:plain

 
 
赤身。
えーうま。柔らかくて美味しい。
赤身って普段あんまり食べないけどこれは好き。
ミナミマグロだそうです。

f:id:kunoichilady:20190725133019j:plain

 
 
締めは甘海老の出汁。
うまいとしか言いようがないがね。

f:id:kunoichilady:20190725133041j:plain

 
 
あー美味しかった。そしてあっという間だった。
 
そこそこ飲んで約15000円くらいだった。先日ちょっとヤバい酔い方して警戒してたので多少割り勘負けしてたかな(笑)。でもソフトドリンクの人とそこまで値段変わらなかったのはかなりのお得感。
 
でももっと食べたいくらいだわーってかまだ全然お腹いっぱいになってなかった。20000円分くらい追加注文したい。
 
そんな感じなものだから、美味しかったけど物足りないしもういいかなとか当時は思ったけど改めて振り返るともう食べたくて仕方ないし早くもまた行きたいと思わされている。常連さん多いのも納得よね。
 
本当に行けて良かったです。

f:id:kunoichilady:20190725133058j:plain

見た目はかわいい!芸も細かい!そして味は……なミックスベリーマカロン(セブンイレブン)

深夜甘活。

f:id:kunoichilady:20190717143100j:plain

ミックスベリーマカロン外装写真



美味しかったけどこれは一度でいいですかねー。
見た目のかわいさ以外に買う理由が見付からない。

まあそれでも買ってしまった結果食べてるのである意味作って成功と言えるのかもしれないなぁ。

色が違うのは飾りではなく上と下の生地の味は違った。高いだけあって芸が細かい。

脱出ゲームレポ/仕立て屋シャルロッテの秘密(デバッグ)〜@Zepp Tokyo

リアル脱出ゲーム「仕立屋シャルロッテの秘密」デバって来ました。

f:id:kunoichilady:20190625151739p:plain

 

結果は何と……

 

脱出成功!

 

昨年のワンピースコラボのインペルダウン脱出以来、完全制覇は二回目。
ゼップは相性いいのかしらん?
まさか再びステージに立てるとは(笑)。

 

ただ、ちょっともやもや。
細かいこと書くとネタバレになっちゃうから書けないけど、そういう設定なら最後まで貫いてほしいなぁと思いました。

 

あーこれは一応脱出成功だけど完全制覇ではないなって思いながら答え合わせ聞いてたのよ。
そしたらまさかの、完全制覇でうちのチーム呼ばれちゃったし。

 

答えを教えた優しさは哀しみとなって返ってくるっていつも書いてあるけど、おまけで脱出成功にしてくれる優しさもまた哀しみとなって降り注ぐのだなと思いました。

 

終了後に加藤さんと話したけど、うちのチームの最終回答はスタッフ間でも物議を醸したらしい。そらそーだ。

 

まあこの辺がデバッグの面白さだよね。
そういうの好きだからデバッグ行くんだし。

 

忌憚のない意見を思う存分アンケートに書いたし直接お話しもしました。
イマイチ引っ掛かりが取れないとこも直接質問して、スッキリ行かせるにはどうしたらいいか参加メンバーとも話し合って伝えたり。

 

本番までの間にラストについては検討するらしいです。
恐らく皆さんがプレイする頃にはエレガントなラストになっていることでしょう。
バイオハザード脱出のラストのキーワードとか良かったもんなぁ。ああいうのがいいわ。
これでピンと来た人とか万が一居たら友達になりたい。

 

色々書いたけど、良かったよ。
ゼップツアーはマンガとのコラボってイメージだったので、コラボじゃないってことは相当自信あるんだろうなとは思ったけど、確かにいい作品だった。

 

ただいつものゼップ公演に比べたら割と素直かもしれないなぁ。
その中にスクラップらしさが詰まってるって感じでしたかね。
逆にこれなら初心者の人でも楽しめるかと。

 

良かったらみんな行ってみてね!
まさかの記念撮影スポットまであるので、観光気分でどうぞ(笑)。

 

realdgame.jp

 

※こちらは2015年6月時点の情報です。

ランチハント日記/モンシュシュ@練馬(イタリアン)

今日は涼しいし見た目より空気もさわやか!雨も降ってない!ということで今日は駅から歩く系のお客さんのところを回ることに。

リストを眺めると徒歩移動が多いのは練馬駅周辺か。駅の両側の広い地域を歩き回るので、その途中でピピっときたお店があったら入ろう。

ということで営業回りがてらランチハント。割と洋食系の気分です。

午前中の最後の会社の隣の区画にはためくイタリア国旗を発見。実際は風そこまで吹いてなかったから揺れてたくらいだけど。

もうちょっと探しても良かったんだけど、練馬に降りたったら雨が降ってたのと妙に心引かれるものがあったので入ってみることに。

意外にも引き戸。
てか中の造りが面白っ。こんなの見たことない。
お店の真ん中にカウンターがあって、その後ろに4人がけのテーブル席がふたつあるの。

12時20分くらいに入って先客は奥様の二人連れ×2。ま、ビジネス街でもないしねぇ。

ランチはパスタ2種と肉料理2種とフォカッチャサンド。今週のランチメニューって書いてあるからメニューは週がわりなのね。

一番上に「リコッタチーズのブーロ・エ・ブロート」って書いてある。何じゃそりゃ。

聞くと、バターをブイヨンでなんたらかんたらと。もうこの説明だけで私の心は決まった。日向鶏もも肉の煮込みミント風味もとても食べたかったんだけど、やはりバターという響きには勝てますまい。

先にサラダとバゲットが運ばれてくる。

きっきれい。
なんて彩りの良いサラダ。

レタスと玉ねぎと水菜に、赤キャベツ、ラディッシュ、赤パプリカが入って目に鮮やか。食べるの勿体ない。きゅうりも飾り切りしてあるしさ、普段は食べない様にしてるのに思わず口に入れてしまったよ。

バゲット2切れ。結構熱い!
シンプルだけどうまいやんけ。

サラダを食べ終わる前に早くもメイン到着。

 

f:id:kunoichilady:20190625192759j:plain


ふむ、不思議な名前だけど見た目は普通だね。パンチェッタといんげんが入っていて、上にはリコッタチーズ。

上のリコッタチーズをちょっと食べてみる。わ、ミルクくさいんだね。初めて冷静に単独で食した。でも全体と合わせて食べるとそうでもないや。

バターソースの塩気が適度で美味しい。や、ジャストな塩気を0.1%だけ飛び出てるからリコッタチーズと合うんだ。

少なそうに見えたけど適度でした。うまうま。

お味いかがですか?と聞かれたので即座に美味しかったですーと答えた。即座に答えられる美味しさでしたよフォーミー。

バゲットを残ったバターソースに付けたら案の定美味しかったです。厳密にはそうやって食べたくてちょっと残しました。てゆうか冷めてもこのまま食べてまだ美味しい。すごいわこのバゲット

食後にハーブティー。しかもポット。優雅です。仕事中ということを忘れますね。忘れませんけど。でもひとときの安らぎをくれます。

見た目は麦茶みたい。なんかとらえどころのない味。あ、まだ出てないのかな。2杯目は出し過ぎたかも。でもただの紅茶って言われたらそうですねって感じ。でも13時を前にして既に貸し切りの中で頂くハーブティーという贅沢感が良いのです。おっとなー。言いたいだけだけど。

お店をやってるのはご夫婦ですね。旦那様が作って奥様が運ぶという王道パターンです。しかもお客さんが帰る度に旦那様ってば厨房から顔出して挨拶するの。すーげー。しかも見た感じ常連さんじゃないのによ。

料理の美しさにはご夫婦の心が表れていたのですね。うるるん。

私も帰り際にマスターが挨拶しに来てくれたので、後ろ姿に「美味しかったですー」と言ったらわざわざもう一度顔出して「有難うございます!」と言いに来てくれたのです。ええーほんとにー!

ちなみに後から来たお客さんが野菜が沢山入ってるのどれですかって聞いたんだけど今日のメニューにはなかったらしいのね。そしたら野菜入れてトマトソースで何か作りますだって。おお。空いてるからにしてもそんなオーダーに応えてくれるとは。

このお店なら昼も夜も何食べても美味しいだろな。仕事が丁寧だし綺麗だもん。信用出来る。また来たい!ってか、夜に周りの人を連れて来たい!

練馬「Mon chouchou」。キーワードは丁寧・美味しい・心づかい。

ランチメニューはパスタ2種と肉料理2種。値段は850円くらいから。肉料理は1200円とか。でもきっとその金額分より価値あるわ。絶対美味しいはず。と思わせるお店づくりと料理の腕前。

地図を見ると練馬駅からでも桜台駅からでも同じくらいみたい。絶対に味わう価値があると思います。皆様も練馬にお越しの際は、是非。

※こちらは2013年6月時点の情報です

 

いま調べたら閉店されているようです、残念……。

 

ランチハント日記/ヴェールエブラン@池上(フレンチ・ビストロ)

仕事で池上本門寺のそばへ。参道沿いのレストランでランチ。

 

13時に入ったらお客さんは誰も居ない。一人だったのでカウンターに座ろうとしたらテーブルで良いですよとそちらに通される。わ、有難う。

 

と、その直後からじゃんじゃかお客さんが流れ込んできてお店はあっという間に満席に。すごい。あたし招き猫だわ。小学校の頃から顔が猫っぽいとは言われてきたけど。

 

まず出てきたのは田舎風野菜のスープ。トマトベースのコンソメスープにたまねぎ、にんじん、トマトなどの野菜が入っている。普通。しかし美味。

 

よくある感じのスープだけどなんか美味しいなぁと思ったから何でだろうと考えたんだけど、まずは味付けが丁度良い。体に自然に入る優しさを持ちながらも塩味が薄くはなく、まさに絶妙。野菜も美味しくて、口に入れるとしっかり存在を感じられる固さを残しながらも繊維ごとにするんとほどけていく。

 

すっごい普通っぽいのに何でこんなに美味しいんだろ?と思って因数分解したらこうなりました。多分このスープ食べたら「あ、普通に美味しい」って感じると思うんだけど、それで良いと思います。ただ、これを何でもないかの様にやってのけるシェフはすごいんじゃないでしょうか。

 

バケットが運ばれてきた。4切れもある。サービス満点だね。

 

てゆうか焼き立てじゃー!しかも全粒粉。たまらん。一気食いしてまう。

 

メインディッシュは豚フィレ肉のベーコンソテーチーズソース。てゆうか頼んでから気付いたんだけど、黒板のディナーメニューでは単品1800円。びっくり。今日は定番のハンバーグのかわりにこれって言ってたから昨日のが残ってたのかな。ラッキー。ラッキーマン。言いたかっただけ。

 

f:id:kunoichilady:20190617175747j:plain

 

まずはチーズソースのかかってないとこを一口。ああ!豚うまっ!塩胡椒の加減もX―GUN、あ違った、抜群っ!と思うが早いか後ろに控えていたベーコンにカウンターパンチを食らわされる。淡白なフィレの向こう側からベーコンのジューシーさと香ばしい塩味が波の様に……うん、いわばサーファーのフィレを包み込む様にベーコンの高波が迫る感じなのです。理解して頂かなくてよろし。

 

何しろ、もう美味しい。売りのチーズソースに達してないのに既に美味しい決定です。ギギギギブミーワイン。赤。

 

付け合わせの野菜は京にんじんとホワイトアスパラとイタリアのブロッコリー(ロマネスクカリフラワー)。普通のものは使わないのね。ものすごいこだわりを感じるわ。

 

チーズソースはソースってよりは塩味を強くしてチーズと混ぜたマッシュポテトって感じ。マッシュポテトも付け合わせにあったけどこの柔らかさからしてベースは同じだな。頭いい。ひとつからふたつ。エントロピー増大。使い方合ってるのか。たぶん間違っている。

 

ちなみに個人的にはもっと普通にチーズソースの方が良かった。ポテトのザラっと感が少々うるさく感じます。

 

ソースを付けて頂きたかったのでパンのおかわりが出来るか聞いたら出来ると言われたので1切れ貰う。またもや焼き立て。どーなってんの?

 

美味しくてあっという間に食べてしまったので、少し照れながらもう2切れ下さいと言ったら良かったらどうぞと4切れくれた。え、流石に多いよ。と思ったけど食べちゃった。焼き立て全粒粉最強。

 

いやー満足です。実に美味で贅沢な時間でありました。夜に来て色んなもの食べたいなぁ。このシェフなら信頼出来る!

 

池上「ヴェールエブラン(Vert et Blanc)」。火曜定休。ランチはメニューによって1000円から2000円まで。グラタン、ハンバーグなどの定番メニューと本日の肉料理と魚料理から選べる。全品スープとパン付。パン美味しい。私の豚フィレ肉のベーコン焼きチーズソースは1500円。高いと感じるよね、でもその価値あります。

 

いやー本当にお腹も気持ちも大満足でございました。皆様も池上方面にお寄りの際は、是非。

 

※こちらは2013年6月時点の情報です。しかし今から振り返っても外回り営業をしていた3年間で最も素晴らしかったと記憶に残るランチでした。